不用品に対する概念と不用品買取の仕組み TOP > コンテンツ一覧 > 不用品買取の仕組み

不用品買取の仕組み

不用品買取とは、引っ越しやマイホームの建て替え、単身赴任(赴任先から戻る)など様々な理由で、今住んでいるところから転居したりする際に、不要となる物品の様々なものを買取るシステムを言います。
不用品というものの概念はその不用品の持ち主にとっての概念であって、またそれを買取る側の概念としては別で、それを買う側は持ち込まれた不用品の価値を見い出して、お金を支払い、さらに付加価値を付け、何らかの形で再販して利益を得るものです。
これは、中古車買取などの方法と同様で、自動車のように複雑なて手続きが不要というだけで、どちらも同様に古物商としての古物営業の資格を有しています。
古物商は通常の商業とは違い、その大きく違う点として、物を仕入れて売る場合にメーカーや卸売り業者から仕入れて消費者に販売するということが普通の方法ですが、古物営業の場合、本来消費者である一般の人から、新品として購入し使用した後不要となったり、買い替えを目的として買取るという方法で、それらの物品を査定し、それを引き取り、転売するという仕組みとなっています。
通常の仕入れであれば卸売りをする側に仕入れ交渉(値引き)をするのが本来であり、古物買取における仕入れの場合、買取であるがゆえに、持ち込んだ側から高値を突きつけられる逆指値のような方法で仕入れを行なっているという特異な商業です。

    こちらのサイトもご覧下さい

  • 引っ越しや掃除などで出た不用品を奈良で処分したいなら不用品回収サービスがおすすめです。奈良クリーン.comさんでは奈良や京都の方々の不用品回収を行っております。見積もりなども無料で行ってくれ、料金も手軽で自治体などの粗大ごみ回収よりも時間が自由に選べるのでお困りの方は相談してみて下さい。