不用品に対する概念と不用品買取の仕組み TOP > コンテンツ一覧 > 不用品として買取られたものの行方

不用品として買取られたものの行方

不要なものと言っても、処分する人にとっては不要でも、まだまだ利用できるものもあります。
処分する理由の中には、転居先には大きなサイズの家具や家電である場合、転居先が賃貸物件である場合、家具や家電付きの最新のシステムを備えている場合、壊れているわけではないが、今使用しているものよりも優れたスペックのものを購入したいなど、まだ十分に利用できるものであっても不用品買取業者に持ち込まれる場合がそのほとんどです。
古物商として営業をする業者の場合、ブローカーとバイヤーの両方の側面を持ち合わせています。
当然、再販で利益を得ることが目的であるため、買取った金額よりも高値で販売することが目的となり、逆に言えば本来ある価値より低く見積もり、買取をするというのがこの商売の方法となります。
買取られた物品は、新たな消費者に渡る前にそれなりの手入れがされて販売されます。
中古車での買取で言えば、買取った車をメンテナンスし、ボディーを綺麗に磨き上げ、多くの不具合箇所を修繕し、消費者に満足のいく状態で販売されます。
家具や家電などの場合でもこれと同様の方法がとられます。
古物買取の場合、買取をする物品が必ず転売できるとは限らず、在庫となる得る可能性もあり、それを想定してある程度安く見積もられ、買取り価格に対して大きな利益を加えて販売されます。

    人気ランキング

  • いらなくなってしまった不用品がたまりすぎてしまったなど奈良や京都で不用品回収をしてほしい方におすすめなのが、奈良クリーン.comです。奈良クリーンさんでは個人宅はもちろんのこと、企業や遺品整理など使わなくなってしまったものがあればぜひともご相談してみて下さい。